2014年12月24日

柳宗悦はなぜ我孫子に来ることになったのか、『白樺』の中に探る

「我孫子から 通信一」『白樺』大正三年十二月号

「此土地は凡ての無益な喧騒から自分を隔離さして、新しい温情を自分に贈っている。自己の性情を育む上に自然はその最上の風調を示してくれた。今は水も丘も自分の為に静かに横たわっている。家は手賀沼を臨んで木に囲まれた丘の上に建っている。朝日は特に美わしい光と熱とを茲に送る事を愛している。その第一の光線が東の空から破れ出る時山も木も家も凡て甦って見える。又東方一帯の汀が落陽の光華を浴びる時、自然は更に複雑な相を自分に示してくれる。雲の姿も新しい心を含めて大空に漂っている。特に自分の心に日々の黙示を与えているのは東西四里に亘って前に横たわる手賀の沼の水だ。その静穏は限りない深さを示現している。自然は水の静寂にその底知れない偉大な平和を示している。レオナルドーは此深さを愛し、それを芸術に表現した画家だった。茲の自然はレオナルドーが愛したその自然だ。」

 
「我孫子から 通信第二」『白樺』大正四年九月号

 「多くの人は此沼が秋から冬にかけて富岳の姿を映す事を知らないでいる。凡て沼の特質はそれが限りない静穏を示す時に見出されると思う。その時は囲繞(いにょう)する凡ての事物が、その有の儘な心を映している、木々も丘も亦走る雲も凡て此水鏡の静さから洩れる事はない。」 


「我孫子から」『白樺』大正十年四月号

 「一見して平凡に見えるここの自然には年と共に離れられないような気持ちを加えた。…思い出してもここへ来て自然とどれだけ親しい間柄になったかを感謝せずにはいられない。静かな音もない沼の景色は自分の心をはぐくんでくれた。沼の上に永く降り続く雨も、時としては自然の美しい、なくてはならぬ諧調に思えた。月の沼も又となく美しい。私は床に就く時間を幾度か延ばした。…ここは地上の美しい場所の一つだと自分はよく思った。…思想の暗示やその発展に、自分はどれだけ此我孫子の自然や生活に負うた事であろう。静かなもの寂しい沼の景色は、自分の東洋の血に適い、又東洋の思想を育てるに応わしかったと自分は思う。」 

                        ・・・・・・・・・・・・・
 水尾比呂志氏によれば(『評伝・柳宗悦』)、柳に自然の美しさを教えたのは学習院中等学科二年のときに学級担任となった服部他之助(たのすけ)で、夏休みには赤城や尾瀬に連れ出して「自然の浄(きよ)さ」を生徒たちに説いたといいます。最も感化を受けたのが柳で、のちに「浄(きよ)いものの尊さを私の心に知らせて下さった最初の方は先生でした」(「恩師服部先生」)と回顧します。柳はその後も学習院と縁のある猪谷旅館が建つ赤城山を度々訪れており、先の「我孫子から 通信第二」にも、「自分が自然を愛する心を学んだのは年々遊んだあの赤城山に於てだった」と記します。

 その赤城山には大沼があり、「水」というキーワードで手賀沼とつながります。白樺文学館副館長の渡辺貞夫氏は、柳はラフカディオ・ハーンに憧れており、ハーンの愛した松江にも宍道湖の水がある、と指摘をします。渡辺氏は、論語の「子曰、知者樂水、仁者樂山」という一節をひいて、柳は知者ゆえに水を楽しんだ、というのです。

 柳が我孫子を選んだもう一つの大きな理由は東京に近いということを、忘れてはいけないと思っています。それは、柳が自らこう書いていることからも明らかです。
 「手賀沼は東京に最も近い湖水である。夕べ夕べに西一帯の空が赤らむのを見ても、都がどれだけ近いかが知れる。……我孫子への汽車は上野を発して一時間と十五分で来る。直通の列車は僅か四十分を出ない。」(前出「我孫子から 通信第二」)
 いかに自然が美しくとも、深い静穏を示現する沼があろうとも、それが赤城山のように東京から遠い土地であったなら、柳は移ってこなかったでしょう。

出典: 『蘆の髄より』(2005年 楫西 雄介/著)より 抜粋
posted by その木なんの気、柳の気 at 14:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック