2014年10月30日

世界のミンゲイ

一年前になるが、民芸が世界的な関心を持たれてきていることを示す記事なので、
概略を訳してご紹介。

マーサ ・ w ・ Longenecker のアートで生涯のキャリアは多面的だった。彼女は陶芸家で、San Diego 州立大学で美術の教授 35 年間、彼女は 2005 年までの民芸 インターナショナル博物館の初代館長としても働いた。

Longenecker アートで生涯のキャリアは多面的、セラミックス、教育者、館長、アーティスト職人としての仕事を取囲みます。ミンゲイ インターナショナル博物館造語用語民芸 (人々 の芸術)
柳宗悦を尊敬し、20 世紀に生きた日本の学者の教えを受けたのは、 1952 年夏、ロサンゼルスでの出会い柳が米国など世界各地セミナーを開催しての折だった。 1 週間を通して博士柳、日本人陶工濱田庄司とバーナードリーチの-世界ツアー-の一部として講義し、地域の職人が陶芸を示した。そして、陶芸の伝統的手ほどきをうけるようにと日本に訪れるよう話し、 10 年後彼らの招待を受け入れることができた。日本では、濱田庄司・島岡達三の窯で仕事をして 4 ヶ月の滞在の間に浜田の主に見習いをしていた。浜田は、陶芸家として人間国宝に選ばれました。Longeneckerは、日本への訪問は柳京都陶工である河井寛治郎、染色家 芹沢けいすけ、木版画家の棟方志功とも知り合った。

これらのことに触発されて、 2005 年に彼女の退職の時に、1978 年 5 月にミンゲイ インターナショナル美術館を設立。140 ヶ国からの 17,000 以上のオブジェクトのコレクションを収容し、毎年以上 10 万の訪問者を提供国際的な評判の博物館に成長していた。

「マーサはすべての時代や文化、世界の理解と民芸の感謝を共有する彼女の人生を捧げた広大なビジョンと情熱の人」キャロリン シート オーウェン-トウル(博物館の理事会の議長)は言っている。等しい部品のインスピレーションと決意を持って彼女ミンゲイ インターナショナル博物館の確立し、27 年以上の開発をはるかに超えて San Diego 地域の人々 に毎日の使用のオブジェクトを作る人間の文化の最高のアートを提示してきた。

2013 年 10 月 30 日 - サンディエゴ、カリフォルニア-93、死去。
posted by その木なんの気、柳の気 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック