2017年02月09日

英国陶芸の父、バーナード・リーチ





Edmund de Waal, British ceramic artist and Professor of Ceramics at the University of Westminster,2011 Order of the British Empire (OBE) for Service to the Arts,worked on a monograph of Leach, researching Leach’s papers and journals in the archive room of the Japanese Folk Crafts Museum,his book ” Bernard Leach” was published in 1998. ”Rethinking Bernard Leach”: Studio Pottery and Contemporary Ceramics, with Kenji Kaneko was Published in 2007. De Waal noted that Leach did not speak Japanese and had looked at only a narrow range of Japanese ceramics、but it was not true. He did not know about years in Abiko artists colony leading Yanagi Muneyoshi.

Attracted by the Prussian philosopher and art scholar Dr. Alfred Westharp, who at the time was living in Peking, Leach moved to Peking in 1915. There he took on the Name 李奇聞 (for "Leach"), but returned the following year to Japan. – It was the year 1919, when young Hamada Shoji visited Leach for the first time. Leach received a kiln from Kenzan and built it up in Yanai's garden and called it Tomon-gama. Now established as a potter, he decided to move to England.

In 1920, before leaving, he had an exhibition in Osaka, where he met the potter Kawai Kanjiro. In Tokyo, a farewell exhibition was organised

Leach was instrumental in organising the only International Conference of Potters and Weavers in July 1952 at Dartington Hall, where he had been working and teaching. It included exhibitions of British pottery and textiles since 1920, Mexican folk art, and works by conference participants, among them Shoji Hamada and US-based Bauhaus potter Marguerite Wildenhain. Another important contributor was Japanese aesthetician Soetsu Yanagi, author of The Unknown Craftsman. According to Brent Johnson, "The most important outcome of the conference was that it helped organize the modern studio pottery movement by giving a voice to the people who became its leaders…it gave them [Leach, Hamada and Yanagi] celebrity status…[while] Marguerite Wildenhain emerged from Dartinghall Hall as the most important craft potter in America."


But in fact the people he was spending time with, and talking to, were very few, highly educated, often Western educated Japanese people, who in themselves had no particular contact with rural, unlettered Japan of peasant craftsmen".

Writings (selected)
•1940: A Potter's Book. London: Faber & Faber
•New edition, with introductions by Soyetsu Yanagi and Michael Cardew. London: Faber & Faber, 1976, ISBN 978-0-571-10973-9
•1985: Beyond East and West: Memoirs, Portraits and Essays. New edition, London: Faber & Faber (September 1985), ISBN 978-0-571-11692-8

Honours
•Japan Foundation Cultural Award, 1974.
•Companion of Honour, 1973 (UK).
•Order of the Sacred Treasure, 1966 (Japan).
•Commander of the Order of the British Empire, 1962.


Souce ;https://alchetron.com/Bernard-Leach-1273834-W
posted by その木なんの気、柳の気 at 07:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

On the beginnings of Mingei at Abiko

YANAGI SOETSU WAS IMPRESSED BY THE WARM, dignified and majestic ceramics of the Joseon Dynasty. His encounter with Joseon crafts became the prologue for the Mingei movement. In Japan, indeed in the world, when talking about Joseon ceramics and crafts, the names of the Asakawa brothers, Noritaka and Takumi, and Yanagi Soetsu cannot be excluded. This is because, until these three met, the general view was that the only Korean crafts deserving recognition, including ceramics, were the Goryeo celadon ware and also some bowls revered by Japanese tea masters that were attributed to the Goryeo period but actually came from the Joseon period.

This view was proven incorrect by the exhibition Art of the Korean People held at the Ryuitsuso Gallery in Kanda, Tokyo, from May 7th-15th, 1921. This exhibition was organised under the auspices of the Korean Folk Art Museum. That little-known museum is the reason why the names of the Asakawa brothers and Yanagi Soetsu cannot be excluded when talking about Joseon ceramics and crafts. The story of how the Korean Folk Art Museum became the crystallisation of the wisdom of the Asakawa brothers and Yanagi Soetsu, is the subject of this article.

In September 1914, Asakawa Noritaka, a schoolteacher in Korea, visited the Yanagi residence in Abiko Chiba Prefecture Japan, for the purpose of viewing a sculpture by Rodin, which had been presented to the Shirakaba group of which Yanagi was a member. Asakawa's present of several pieces of Joseon ceramics introduced Yanagi to Korean pottery.





Gazing at the gift of Korean pottery Asakawa had brought him, Yanagi said "I had never dreamed of discovering in cold pottery such warm, dignified and majestic feelings. As far as I know, the people (1) with the most developed awareness of form must be the ancient Korean people." Two years later in August 1916, Yanagi visited the Korean Peninsula for the first time, to investigate the true beauty of Korean crafts.

Asakawa Noritaka travelled down to Pusan to meet Yanagi and brought him back to Seoul, then known as Keijo. Asakawa wrote in his book Reminiscences of Korea: "In his zeal for Korean crafts, Yanagi has already bought a ferric-oxide decorated vase in Pusan and mailed it back to Japan. Despite the heat here (in Seoul), Yanagi has been doing the rounds of the antique shops and hunting through them every day."

[ILLUSTRATION OMITTED]

Yanagi was fascinated by the beauty of form in Korean design and while in Seoul bought many Korean craft objects. But perhaps one of the most valuable things Yanagi was able to obtain on that trip to Korea was his acquaintance and subsequent friendship with Asakawa Noritaka's younger brother, Takumi.

Asakawa Takumi joined his brother Noritaka, who was seven years older, one year following Noritaka's move to Korea in 1914. Resigning from his job with the Akita Prefectural Forestry Office, Takumi found work with the Korean governmental Forestry Office. A devout Christian, as was his brother Noritaka, Takumi followed the missionaries in learning the Korean language and generally assimilating himself in the Korean way of life.

Yanagi enjoyed staying as a guest in Takumi's house. Observing the Korean craft objects which Takumi had acquired while setting up house with his wife, Yanagi experienced astonishment and inspiration in the true beauty of the Korean crafts.

On March 1, 1919, the Mansei Demonstrations or March First Movement (2) (in Japanese Banzai Jiken) occurred. In what he later refers to as "the first thing that I wrote about Korea after realising that there was no one speaking publicly in their defence" Yanagi hastily wrote Chosenjin o Omou (Sympathy Towards the Koreans). This lead to a series of articles being published in the Yomiuri newspaper from May 10 to May 24 that year. Through that series of articles Yanagi was able to express his sincere affection for the Korean people.





In 1920 accompanied by his wife Kaneko, a professional alto singer, Yanagi made his second visit to the Korean Peninsula. With the co-operation of Asakawa Takumi, Yanagi held lectures and Kaneko gave concerts, with the purpose of showing support for the Korean people's situation. The Yanagi's humanitarian acts made a great impression on Korean intellectuals and were received favourably. These positive results prompted Yanagi to consider with Takumi, the proposal of setting up an art museum, to further show support for the Korean people. In the January 1922 edition, Volume 13, Number 1 issue of the Shirakaba magazine, Yanagi announced the official proposal for the museum. The following is an excerpt from that article: "When trying to understand the humanity of any nation, I always think the easiest way is to examine that country's art. I believe it to be even more necessary now, when relations between Japan and Korea are in a pressing situation. If art could be used as a means of understanding, then I am confident that Japan could always remain the warm friend of Korea. I wish for all objects in my possession to belong to everyone. When the heart is consumed with beauty, there can be no thoughts of conflict. I have no doubt in my mind that the day when those excellent works of art of the Korean people will intersect and blend in our hearts, is not far off. I also have no doubt that the creators of those excellent works of art will become our heartfelt friends. To fulfil this hope and conviction, I propose the establishment of the Korean Folk Art Museum. First I intend to amass a collection which is representative of the unique characteristics of Korean folk art. Through this collection in the museum, I hope to convey the beauty of Korea which in turn represents the feelings of the people. It is also my wish that this will serve as a stimulus to promote the continuity and also the revival of the Korean ethnic art. "

Through the success of this exhibition, Yanagi and the Asakawas became confident in their mission and in October of the following year, 1922, were able to have the world's first Joseon Dynasty ceramic exhibition at the Kizoku Kai Kan (Aristocrats' Hall) in Seoul, the first event held under the name of the Korean Folk Art Museum. Finally, in April 1924, the Korean Folk Art Museum was officially opened at Chipkyongdang in the Gyeongbokgung, the main royal palace of the Joseon dynasty, located in Seoul. In the process of establishing the new museum, Yanagi and the Asakawas were repeatedly requested by the Japanese colonial government of Korea to remove the word minzoku, meaning folk or ethnic, from the name of the museum. However, they refused to comply with the request to compromise on this important word in the museum's name. The reason for that is, as Yanagi had stated in his proposal for the establishment of the museum: "It is also my wish that this will serve as a stimulus to promote the continuity and also revival of the Korean ethnic art."

With this important point as a premise in its establishment, the Korean Folk Art Museum was established when Yanagi Soetsu was 35, Asakawa Noritaka 40 and Takumi 33 years old. It is because of this noble ambition, that even though the museum was destined to vanish after fulfilling its historical mission, their achievements are still spoken of with respect and their names have been immortalised.

[ILLUSTRATION OMITTED]

Yanagi Soetsu's approach to craft, in particular folk craft or Mingei, was influenced by his experiences during his sojourn in Korea. Through his experience with Korean crafts, especially the beauty of Joseon crafts, Yanagi and the two Asakawa brothers were able to support the Korean people who were forced to endure the oppression of the Japanese rule after Korea's annexation by Japan in 1910.

It was the intention of the Asakawa brothers, Noritaka and Takumi, and Yanagi Soetsu to evoke a sense of pride in the Korean people, by exhibiting the excellent craft articles of the Joseon Dynasty. This intention was realised in the exhibition at the Ryuitsuso Gallery in Kanda, Tokyo, Japan.

REFERENCES:

(1.) 'Abiko kara: Tsushin 1' Shirakaba magazine, vol 5, issue 12, 1914.

(2.) The March First Movement was one of the earliest displays of Korean independence move ments during the Jap anese occupation of Korea. Massive crowds assembled in the Pagoda Park to hear a student, Chung Jaeyong, read the Korean Declaration of Independence.

Victoria Oyama is an Australian potter who spent many years in Mashiko, Japan. This article is written by Shinzo Ogyu and translated by Victoria Oyama. Photography courtesy Nihon Mingeikan.


COPYRIGHT 2008 Ceramic Art
No portion of this article can be reproduced without the express written permission from the copyright holder.

Copyright 2008 Gale, Cengage Learning. All rights reserved.


Resouce:https://www.thefreelibrary.com/The+beauty+of+Joseon+Dynasty+crafts%3A+Victoria+Oyama+has+translated...-a0216897164
posted by その木なんの気、柳の気 at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

昔の手賀沼

宝永のころの地図です

手賀沼 宝永図.gif
posted by その木なんの気、柳の気 at 08:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

ミキモトパールと柳宗悦の父

ミキモトパールは世界の女性の憧れ、この名を知らない人は少なくても日本人にはいないのではないか。
この真珠王・御木本幸吉が養殖真珠を創るまでの秘話に柳宗悦の父が大きくかかわっていたことを知る人は少ない。採ればもうかる、外国へ天然真珠輸出できるとなって、濫獲が進み、伊勢志摩のアコヤ貝は絶滅寸前となっていきました。

 「このままでは、アコヤ貝がいなくなってしまう。」と考えたのが御木本幸吉でした。町が疲弊する前に、アコヤ貝の増殖に着手をします。

 そのとき力を貸してくれたのが、柳宗悦の父(津市出身の大日本水産会幹事長・柳楢悦(ならよし)でした。楢悦のお陰で海の使用を許可された御木本幸吉は、海底に打った杭に縄をはり、そこに結わえた瓦や木片に稚貝を付着させるというアイディアを実践します。

 実験開始から約3か月、稚貝が付着しているのが確認され、実験は成功。その後もアコヤ貝の数は順調に増えていきました。 貝が増えれば採れる真珠もそれに比例すると考えていた幸吉でしたが、期待していたほど多くの真珠は得られませんでした。

 そんな時、柳氏から「動物学の権威で真珠研究の第一人者でもある東京帝国大学教授・箕作(みつくり)佳吉(かきち)理学博士に紹介したい」という手紙が届きました。
 幸吉は早速博士の研究所を訪ね、天然の真珠が生まれるプロセスを学びます。それは、「なんらかのきっかけで貝の中に異物が入り込み、それが吐き出されずに長い時間貝の体内に留まれば、その異物を包むようにして真珠質が形成され真珠になる。」というものでした。
 
 しかも、「誰も成功したことはないが、理論上は人の手によってできるはずだ。」というのです。
 その言葉は、幸吉の心に火をつけました。「誰も成し遂げたことのない仕事こそ、やってみる価値がある。なんとしても自分の手で真珠をつくってみせる。」と決意を固めたのでした。

 東京から戻った幸吉は早速、英虞湾(あごわん)で真珠養殖の実験に取り掛かります。
 ガラス玉や陶器のかけらなど、思いつく限り色々なものを貝に入れ、数か月後に開いてみるという作業を何度も繰り返しておこないました。
 しかし、たいていは吐き出されてしまい、まれに貝の体内に残っていても真珠はできていませんでした。
 何の成果もなく時間だけが過ぎ、資金繰りにも苦しむ幸吉の様子をみて、周囲の人々は「悪い男ではないが、真珠なんぞに憑りつかれてしまって…。気の毒に。」などと陰口を言うようになりました。

 そんな周りの冷たい視線にも負けずに実験を続ける幸吉を、最大の試練が襲います。大規模な“赤潮”が発生し、英虞湾の貝五千個が全滅してしまったのです。
 「もうだめだ、諦めよう…」そう思い始めていた幸吉をもう一度立ち上がらせたのは、彼を支え続けた最愛の妻・うめでした。

 「まだ、相島(おじま)の貝が残っています。」
 用心深い幸吉は何かあった時のためにと、鳥羽の相島でも千個程の貝を育てていました。
 幸吉は被害を免れたわずかな貝で、最後のチャンスに懸けることにしました。

 そして実験開始から3年余り経った明治26(1893)年7月11日、運命の時が訪れます。
 その日もうめと一緒に数か月前に異物を入れた貝を引き上げ、真珠ができているかどうか確認していました。
 すると突然、「あ、あなたっ!!」と叫ぶうめの声が静寂を破ります。
 慌てて駆け寄った幸吉にうめが一つの貝を差し出しました。
 
 その貝の内側には、確かに幸吉の手で入れられた異物を包むようにして半円形の真珠ができていたのです。
 それは、これまで世界の誰も成功することがなかった養殖真珠誕生の瞬間でした。
 その後も多くの人の協力を得ながら努力を重ね、幸吉が人生のすべてをかけて完成させた養殖真珠は世界中の女性を輝かせていきました。
 
 多くを語らない、しかし、柳父子が日本に残したものは多大であったと思います。


posted by その木なんの気、柳の気 at 12:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

我孫子の芸術家村

●白樺派と我孫子
1914(大正3)年、柳宗悦は声楽家中島兼子と結婚し、叔父の嘉納治五郎(講道館創始者、教育者)のもつ我孫子の別荘の隣地(「三樹荘」)に引っ越してきた。東京から常磐線で1時間余り、静謐(せいひつ)で美しい手賀沼が広がる我孫子が気に入った柳のすすめもあって、大正4年に志賀直哉がこの地にすまいを構え(大正12年まで居住)、つづいて武者小路実篤や陶芸家バーナード・リーチ、志賀を師と慕う小説家瀧井孝作も我孫子に集った。
1910(明治43)年、学習院、東京帝国大学に学ぶ若者たちが文芸雑誌「白樺」を創刊した。「白樺」には志賀直哉、柳宗悦、武者小路実篤、有島武郎、有島生馬、里見ク、木下利玄、郡虎彦、長與善郎、梅原龍三郎、岸田劉生、中川一政ら若い作家・芸術家たちが集い、後に「白樺派」と称される。彼らは近代芸術を創ったロダンやセザンヌを理想と仰ぎ、既存の芸術・文芸からの脱却と革新を志していた。

●志賀直哉の住まい
志賀直哉がここに設けた住まいは、生活の場である母屋(大正4=1915年)と、「二階家」と呼んだ崖の上の離れ(大正7=1918年頃)、そして書斎(大正10=1921年)からなっていた。母屋は茅葺きで基本的に畳敷きの和風だったが、東側に下見板を張った洋風の書斎と応接間を配置し、明治末から大正にかけて流行した和洋折衷式と呼べるものだった。我孫子の別荘の多くは、眺望の良い台地の先端部に設けられている。しかし、志賀の住まいは台地の裾を中心に展開しており、志賀邸の前の道(住民の生活道である沼沿いの道=ハケの道)と沼へのアクセスを意識していたことが分かる。これは友人である武者小路邸との往来や、沼での舟やスケートなどの野外活動を好んだ志賀の嗜好のためと考えることもできる。
崖からは湧水が滲み出ているが、手賀沼の水源でもあり、かつては沼沿いのあちこちでみることができた。志賀家ではこの水を横井戸から導いて缶に貯めて活用していたようである。

●志賀直哉書斎
志賀がこの書斎を作ったのは1921(大正10)年のことである。木造平屋の切妻作りで、床面積は約44坪(14.46u)、6畳間の北側に床の間、地窓と踏込み 、トイレを配し、東側に押入を突き出し、南側に濡れ縁を設けている。屋根は現在、銅板平葺き、外壁は漆喰塗りで腰を板張りとしているが、当初は杉皮葺きで、外壁は下まで漆喰塗りであったことが古い写真から判明している。四面に開口部が設けられ、通風と採光への配慮が見られる。内装は漆喰仕上げの壁、船底天井に網代を張り、棹縁に柱の磨き丸太を用いている。柱は杉材で手斧(ちょうな)跡を残したなぐり仕上げとし、虫喰い跡のある杉丸太の梁や垂木を見せる。床柱には青桐の皮付き丸太、落し掛には湾曲した百日紅(さるすべり)を用いるなど、数寄屋風の手法であるが、かなり独創的で趣味的な建物となっている。
志賀はここで「暗夜行路」の前篇と後篇の大半部を執筆した。志賀が大正12年に我孫子から京都へ引っ越し、書斎を含めた建物も地元住民の住宅に移築され、当初は長らく更地となっていた。1987(昭和62)年、市民の保存要望を受けて書斎は元の場所に再移築され、敷地は志賀直哉邸跡として整備された。
書斎は移築や修理を受けているが、創建当初の部材が再利用され、独創的な意匠は志賀本人がデザインし、我孫子の大工である佐藤鷹蔵(バーナード・リーチがデザインした椅子や旧杉村楚人冠邸「澤の家」を作った)が建てた。このことからこの書斎は平成23年に我孫子市指定文化財となった。

●ここで書かれた小説
我孫子に移住する前の志賀は、父との確執に悩み、小説の執筆も余り順調とはいえなかった。我孫子移住後は静かな環境の下で柳や武者小路たちと感性を高めあい、心に癒しを得て、再度創作へと意欲を高めていった。
1917(大正6)年、長年不和であった父親との和解を題材にした小説「和解」を執筆した。また、同年「城の崎にて」、1920(大正9)年には「小僧の神様」、1921〜1923(大正10〜12)年には「暗夜行路」の前編と後編の大部分を次々に発表し、充実した作家生活を送った。
我孫子を題材にした小説も多く(「雪の日」、「流行感冒」など)、当時の我孫子の情景をしのぶ貴重な資料となっている。

●文人たちのエピソード
志賀直哉をはじめとして我孫子に集った白樺派の文人たちが残したエピソードを瀧井孝作(作家・俳人)、木下検二(志賀の学習院時代の後輩)、柳兼子(柳宗悦の妻)、武者小路実光(武者小路の甥・仏文学者)の想い出から紹介する(「我孫子市史研究」より、敬称略)。

・EPISODE1
白樺派がいた大正時代の我孫子は、志賀や柳、武者小路が我孫子を取り上げて書くため、「特別な文学村」のように考えられていたという。

・EPISODE2
柳兼子はバーナード・リーチの意見を取り入れ、味噌を入れたライスカレーを訪れる文人たちにふるまった(「白樺派のカレー」として復刻されている)。

・EPISODE3
白樺派の文人たちが集った大正時代の我孫子は、駅付近を除いて電気が通じていなかった。志賀や瀧井は、我孫子駅からロウソクに濡れた紙を巻いたものを灯して暗い夜道を帰ったという。1917(大正6)年に設けられた東京帝国大学教授村川堅固の別荘(旧村川別荘)にも常夜灯としての灯篭が残されている。

・EPISODE4
当時の我孫子は静かな場所だったため、柳邸と志賀邸との連絡は蓄音機のラッパを外してメガホン代わりにすることで用が足りたという。

・EPISODE5
志賀は雪の日が好きだったが、寒がりのため、仕事中は着物の上に丹前をまとい、備長炭を山盛りにして火鉢を焚き、ストーブまで点けていたという。

・EPISODE6
志賀は崖に穴(横井戸)を掘り、したたり落ちる湧水を活かして「天然の冷蔵庫」として利用していた。この湧水は今でも崖に認められる。

・EPISODE7
志賀と武者小路の家との間は約2キロ離れているため、互いの家を訪れるのに舟を使って往来していた。志賀、武者小路とも器用に棹を操ったという。

・EPISODE8
志賀や武者小路たちは志賀の妻・康子の指導を受け、女子学習院で行われた「テザーボール」(3mほどの木の棒を地面に立て、棒の先から麻縄につけたゴムマリを吊り下げ、二人で向い合ってラケットでゴムマリを打ち、早く麻縄を柱に巻きつけたほうが勝ち、という球技)をして遊んでいたといい、スポーツマンの志賀が一番強かったという。またテニスコートを作って楽しんでいた。

出典:http://yshisotricalplace.web.fc2.com/historical_place/naoya_shiga_abiko/index.html
posted by その木なんの気、柳の気 at 12:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

バーナードリーチと我孫子と柳宗悦のつながり

高村光太郎が書いた紹介状のあて先の中には、彼の父親である彫刻家の高村光雲、その友人の岩村透がいた。2人とも東京美術学校(現・東京芸大)の教授である。日本語を全く解さないリーチのために、岩村は教え子の1人を紹介し、身の回りの世話をさせることにする。リーチは日暮里に暮らしながら、上野桜木町にある寛永寺の貸し地に、西洋風でもあり和風でもある1軒家を新築し、英国からミュリエルを招き寄せる。リーチはここで銅版画を教える積もりであった。生徒募集のため、宣伝を兼ねた3日間のデモンストレーションを行ったリーチのもとに、数人の見学者が訪れる。それは名前をあげれば、柳宗悦、児島喜久雄、里見ク、武者小路実篤、志賀直哉などの、翌年には白樺派(*)を起こすことになる蒼々たるメンバーであった。これ以後リーチと白樺派のメンバーは互いに学び合い、思想の上でも双方共に多くの刺激を受けていくことになる。特にリーチと柳宗悦の関係は生涯続き、リーチの思想形成にも重要な役割を果たす。
結局、銅版画クラスはリーチが白樺派から日本文化を学ぶ時間にとって代わられた形で、自然消滅した。だが当時の日本は物価も安く、父親の遺産もあったリーチは、ミュリエルと共に近くの学校で英語を教えたり、前述の岩村透の関係する美術誌にエッセイを寄稿したりするなどして、必要以上にあくせく働く必要はなかったようだ。
 リーチにとって、この時期はひたすら学びの時であった。日本文化についてばかりではない。ロダンやヴァン・ゴッホの作品を、西洋と変わらぬリアルタイムで鑑賞し、イプセンやウィリアム・ブレイクについて仲間と議論を戦わせるという体験もしている。柳宗悦によれば、ゴッホ並びに後期印象派の作品を全く知らなかったリーチは、ゴッホの作品を観て興奮し、帰り道に「英国は眠っている!」と電信柱を何度も殴っていたという。こうして、リーチはラフカディオ・ハーンの描くエキゾチックな過去の日本のイメージを次第に払拭しながら、「西洋美術」対「非西洋美術」という杓子定規な概念から離れてアートをとらえる視点を獲得しつつあった。

 Bernard Leach Tile 1925 cTate St Ives 
 一方、妻のミュリエルとの関係はリーチが芸術にのめり込む分だけ、希薄になっていた。しかも、10歳で寮暮らしを始めた彼は家庭生活、とりわけ夫婦生活がどういうものかよくわかっておらず、リーチにほとんど置き去りにされたミュリエルは、キリスト教の布教のために日本を訪れているグループと時間を共にしていたらしい。
 1911年、白樺派との関係は良好だが、銅版画や絵画など、自身の作品の方向性に行き詰まりを感じていたリーチは、ミュリエルから妊娠を知らされる。これは彼に新たな責任が付加されることも意味した。父親になることに歓びながらも、一家の大黒柱となることに重圧を感じた。
 しかし、その後この結婚生活が破綻するなどとは思いも寄らなかったのであろう。この時まだミュリエルは、夫との将来を信じており、英国にいる両親にもそのように書き送っている。
 そんなリーチに、再び転機が訪れる。建築家の友人、富本憲吉と共に訪れた茶会の席で、初めて楽焼きを体験したのだ。楽焼きとは低温で焼く、素人にも参加できる素朴な焼き物の一種である。リーチは自分の絵が皿に焼き付けられるのを見て非常に興味を覚え、陶芸についてもっと学びたいと考える。友人を介し
 Bernard Leach Ceramic 1925 cTate St Ivesて紹介されたのは、6代目乾山こと浦野繁吉で、リーチは彼に入門するとほぼ毎日工房に通う。1年後には自宅に窯を築くまでになり、更に一年後には7代目乾山の伝書をもらい免許皆伝となった。また、陶芸を学ぶことは、茶の湯や禅を始め、さらに深く日本文化を知ることであり、中国や韓国の文化に触れることだともいえる。リーチはこうして陶芸を通し、さらに広い視野で東洋を、そして美術の世界を見つめ始めていた。それまでは西洋に対する東洋、純粋美術に対する工芸など、AとBを対比させる二元論で物事を考えてきたリーチだが、陶芸の世界に触れたことで、これまでのような対比だけではなく、二者の融合の可能性を考えるようになっていく。
 これは今後のリーチの生涯の軸ともなる問題でもあった。彼はこの問題を深く考えるうちに、次第に陶芸を離れ哲学の世界に傾倒して行く。こうして26歳のリーチが「手を動かしてこそ思想が生きる」のだということに気づくまで、まだもう1つの段階を経る必要があったのだ。

出典:ONLINE ジャーニー
http://www.japanjournals.com/2011-01-14-15-46-57/great-britons/565-2011-01-24-16-09-31.html?start=2
posted by その木なんの気、柳の気 at 09:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

明治の開国と日本への憧憬

 日本におけるウィリアム・モリスの紹介は、1890年代のはじめから始まる。それは、極めて断片的なものであり、主として詩人あるいは社会主義者としてのモリスを扱うものであった。その後、英国留学から帰国した、のちに陶芸家となる富本憲吉が、1912年に、エイマ・ヴァランスの書物に基づき、工芸家としてのモリスに関しての評伝を発表し、続いて1915年には、第4次外遊ののち、東京美術学校(現在の東京芸術大学)の西洋美術史の教授であった岩村透が、「ウイリアム、モリスと趣味的社會主義」を書いている。

 モリス像は、ある種の誤謬が初期にみられ、それから適切な修正がされるまでには、1920年代はじめの、つまり「大正デモクラシー」の絶頂期の新たなモリス研究の再開まで待たなければならなかった。

その以前の1850年代中頃から、アーツ&クラフツの運動をうけて展開されるフランスのアール・ヌーヴォーの展開には、イギリスのデザインへの日本からの影響が見られるという事がよく知られるようになっている。しかし、第一次と二次の大戦の間の時期にも日本からのインスピレーションを受けていた事は、さほど一般には認められていない。

しかし、ウェルズ・コーツのデザインが実証するように、日本からの影響は、1920年代そして30年代にもみられ、モダニズムのデザインや建築への重要なインスピレーション源であったと考えられる。

 イギリスの近代運動の中心人物であったコーツは、彼が日本で受けた教育と幼少期に受けた影響が彼の作品に多大な影響を受けていた。のデザインと執筆、日本の建築物に関する記述やイギリスにおけるデザインのモダニズムへの彼の貢献を考えると、コーツは日本そして日本建築に関する知識の伝道者だった。
posted by その木なんの気、柳の気 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

モリスは、社会主義の推進者として知られていた!?

 ウィリアム・モリスは現在の日本では、特に室内装飾のデザインで知られている。私は大阪のデパートで展示を見たことがある。彼はまた、「ユートピアだより」を書いた、空想的社会主義者として知られている。事実、モリスはアーツ&クラフツ運動の指導者であり、また詩人であった。
 しかし、ほとんど知られていないのは、彼がイギリスで、マルクスの生存中に、最初期のマルクス主義者として活動したということである。モリスがマルクスについて知ったのは、20歳年少のバックスを通してであった。バックスは音楽を専攻するためにドイツに行ったが、マルクス主義者として帰国した。マルクスの三女エリノアとともに、彼らは1885年に社会主義同盟を結成した。また、彼らは本書を協同で書いた。
 興味深いことに、モリスは、日本では明治から大正にかけても高名であったが、もっぱら社会主義者としてであった。たとえば、幸徳秋水や山川均は、本書を社会主義に関する必読書として紹介している。では、なぜこのような逆転が生じたのか。一つには、ロシア革命以後に、ロシア的マルクス主義が圧倒的に強くなったからだ。モリスは、イギリスの現実にもとづいてマルクスが書いた『資本論』の認識を踏まえつつ、オーウェンやラスキンなどイギリスの多彩な社会主義の伝統を受けついで考えた。が、ロシア革命以後、そのような試みは黙殺された。その結果、モリスはたんに芸術家・詩人と見なされるようになったのである。
 とはいえ、どちらの面が重要か、と問うべきではない。それらは分離してはならないし、また、分離できないところに、モリスらの「社会主義」の神髄がある。1893年、すなわち日清戦争の前年に出版された本書は、現在、読みなおす価値のある古典である。
    ◇
 川端康雄監訳、晶文社・2484円/W.Morris 1834〜1896▽E.B.Bax 
1854〜1926

出典:http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2015022200003.html
posted by その木なんの気、柳の気 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

柳田国男と柳宗悦のクロスロード

この週末、「ウィリアム・モリスと柳宗悦」(12/20)と「アーツ・アンド・クラフツ運動と民藝運動」(12/21)というシンポジウムが、阪大の豊中キャンパス、文法経講義棟41で開かれます。今年度が最終年度である藤田治彦先生の科研「アーツ・アンド・クラフツ運動と民藝」の成果発表会でもあります。詳細は以下を参照ください。

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/seminar/2014/12/6330

 こちらは、ロバートソン・スコットいう英国のジャーナリストについてお話します。1915年から1919年まで日本に滞在した彼は、大戦中、英国大使に依頼され、対日プロパガンダ活動に従事します。日本語が不自由なスコットが協力者として目をつけたのが、柳宗悦。ただし剣もほろろに断れます。

 そこで匿名を条件に協力をとりつけたのが柳田国男なのです。これが怪我の功名というべきか、もともと農村に関心のあった柳田の関心とひびきあい、二人はともに調査旅行を行うまでになります。その成果報告として、帰国後、スコットはFoundations of Japan(1922)という大著をまとめます。柳田は謝辞にあるのみですが、柳と内村鑑三については詳細なインタビュー記事が掲載されます。

 もし柳が宣伝活動に協力していれば、この本は民芸や新しき村について多くのページを割く書物になっていたのかもしれません。とはいえ、スコットが宣伝のために刊行した『New East(新東洋)』というバイリンガル雑誌には、柳やバーナード・リーチ、鈴木大拙(ここでの連載が『禅と日本文化』の原型となります)など、多士済々が日本文化について質の高い論考を寄稿します。ただ、ここでも柳田は表だってでてきません。

 スコットをめぐって、柳、柳田、リーチがどのように交錯したのか、そんなことを当日はお話するつもりです。

 なおスコットの活動とNew Eastは、今年度から始まった神智学の科研共同研究(代表・安藤礼二先生)につながっていきます。スコットと入れ替わるようにして、野口米次郎の招きで慶應にJames Cousinsがインドからやってきます。アイルランド出身のカズンズは、神智学の宣伝に奔走するのですが、その際に、柳ほかスコットの人脈をかなり利用(というか逆用)しているのです。

 インドの反英運動を刺激するからとNew Eastは神智学を批判するものの、大拙やOsvald Sirenなど、神智学関係者の記事がしばしば掲載されていました。おそらくカズンズは、New Eastを読んで参考にしたのではないかと思っています。そのせいかどうか、カズンズは、離日後にインドで、New Japanと題した日本滞在記を刊行します。New Japanでは、柳やリーチ、そしてベースとなる岡倉の『東洋の理想』が、New Eastとは実に対照的に登場しており、両者の比較は来年度にでもできればと思っています。。

 なお、ご参考までに、当日配布する発表要旨を掲載しておきます。文中にある拙稿は、

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/handle/11094/27378

で公開されています。
 
「ロバートソン・スコットと民藝運動」        
 ボーア戦争に反対するなど反戦論で知られた英国のジャーナリスト、J・W・ロバートソン・スコット(1866-1962)は、1900年以降、農業や農村について記事や書物を多く刊行するようになる。ジャーナリズム界から去ったのが、主戦論にわく政府からの圧力のせいなのかどうかはよくわかっていない。しかし、この両極に揺れ動いたかにみえる執筆活動は、反戦の筆を折ったというよりは終始一貫しているとみることが可能だろう。競争と戦争を引き起こす都会の物質文明から逃れ、農業と牧畜を基盤とする村落共同体に活路を見いだすという点では、19世紀的な田園幻想という同じ硬貨の両面といえるからである。
 西欧文明の内戦ともいえる第一次世界大戦が勃発してから約一年後の1915年、スコットは日本へ向かう。浩瀚な農村調査にもとづく大著Foundations of Japan (1922)にしたがうならば、日本の農業についての研究はこれまでになく、それによって英国の文明を建て直すためだという。そこには日本が近代化と田園とを調和させているという誤解もあったのではないか。そもそも日本の庭園や農村は、ヴィクトリア朝の旅行者を通じて過剰に美化される傾向があった。その点で、スコットが義和団事件を機にして刊行した小冊子Peoples of China(1900)が一つの傍証になる。ステッドのもとで修行した名ジャーナリストらしく、スコットは中国を訪れることなく、中国関係の書籍をあさり、それらを切り貼りすることで、この入門書を書いた。ステッドが、月刊誌Review of Reviewsで膨大な雑誌新聞を巧みに編集して要約した手法と、スコットの書き方は実によく似ている。この小冊子のなかでスコットは、中国の大部分は都会ではなく村落と指摘しつつ、その家族を基盤とする共同体には長老たちの頑迷で固陋な支配しかないと否定的に記した(69-71)。つまり、スコットの関心は近代以前の農業社会ではなく、産業都市と共存する農村共同体にあったといえるだろう。すでに多くの研究があった中国でもインドでもなく日本の、しかも農村を調査しようというのは、こうした背景があったからではないか。
 ただ日本を訪れて以降、スコットは、再びジャーナリズムの世界に飛び込み、今度は一次大戦における英国の大義を声高に主張することになる。これはスコット自身というより、すでにIan Nish (1972)やMari Nakami (1997)が指摘しているように、グリーン英国大使から対日宣伝活動を依頼されたためである。こうしてスコットは敵国ドイツの蛮行を強調し、日英同盟の堅持を呼びかけ、アジア主義者がインドに接近する危険を警告した。英国にとってのインドは、日本にとっての朝鮮半島だというのである。その宣伝に際してスコットに協力をよびかけられて断ったのが柳宗悦である。一方、船木裕 (1991)が明らかにしたように、スコットが執筆したプロパガンダであるIgnoble Warrior (1916)の邦訳原稿を作成し、日本語が不自由な彼の農村調査に同行協力したのが、柳田国男だった。つとに知られるように、柳と柳田は、西洋物質文明の対極にあるような日本や東洋の文化という関心を共有しつつも、とりわけ植民地に対する態度が異なるなど、けっして親しく交わることがなかった。スコットという共通の友人をもちつつ、ここでも二人は距離を置いていたことになる。
 たとえばスコットが宣伝のために編集していた雑誌『新東洋』(1917-8)には、柳やリーチも寄稿しているが、柳田はさして関わろうとしなかった。そしてスコットが柳田とともに調査した成果を盛り込んだFoundations of Japanに、柳についてはインタビュー記録といえるほど多くの頁を割いているが、柳田の名は謝辞にあるのみである。なお本書に挿絵を提供しているのは、スコットの妻の妹であったElizabeth Keithであり、版画家として知られる。姉を訪ねて来日してからは日本の版画を学び、アジア各地を旅行して残した作品は、特に朝鮮半島の貴重な記録として近年、再評価されている。この点からも両者の違いを浮き彫りにすることが可能だろう。
 このようにスコットの日本滞在( 1915-1919) に注目することで、民藝や民俗学をとりまく人脈の広がり、ひいてはその反響と反発が発掘できるのではないか。リーチは1919年に日本の工芸についての報告書を英国政府に提出しているが、こうした文脈は、スコットが拡大し攪拌した政治と工芸の境界を読み直すことで浮かび上がってくるだろう。拙稿「日英における移動と衝突 : 柳、柳田、スコット、リーチの交錯の例から」(2013)をもとに、スコット周辺の交錯を解きほぐししながら、スコットと民藝運動、ひいては民俗学とのかかわりとその文脈を明らかにしたい。

出典:
Facebook https://www.facebook.com/yorimitsu.hashimoto/posts/741860509238675
posted by その木なんの気、柳の気 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

kaneko

posted by その木なんの気、柳の気 at 21:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする